両脇に注意!

前記事では道路のアップダウンによるN700A新幹線の腹と路面の接触を注意しなければならなかったが今度は新幹線の車体の両脇に迫る壁に細心の注意を払わなければならない箇所が道中にあった。

_IMG9165.jpg _IMG9178.jpg

それは高架道路から下りていくスロープにあたる箇所であるが、こうして遠目で見ていてもかなりかついことが分かる。
ドライバーからは後ろが全く見えてないだろうから後ろから両脇のクリアランスを見てくれている誘導員の言葉だけが頼りであろう。

_IMG9195.jpg

亀が歩くような速度でゆっくり両脇壁で押し迫るスロープを下りて見事クリアした。
今回このような箇所を通るキッカケとなったのは国道2号線の淀川大橋の工事の関係で迂回ルートになったことが要因である。
そのためドライバーは何時もよりも脇汗を沢山かいたのではなかろうか...
このように運転技術そのものが神の領域を遥かに越えていることを思い知らされた。

2018.6.22 N700A G42編成 ⑯号車陸送

アップダウン↑↓を乗り越えろ!

_IMG9111.jpg

_IMG9113.jpg

N700A新幹線が陸送されていく道中に小さな運河を越えるための橋があり、そのために道が急なアップダウンとなっている箇所がある。

陸送される全長25メートルにもなる新幹線がそのままの速度でいけばホイールベースが長すぎて当然、路面に新幹線の腹を擦ってしまう。

運河を越えるかなり手前から減速をし人が歩くスピードよりもやや遅いくらいの速度でゆっくりと進む。
その脇では誘導員が路面と新幹線の腹のクリアランスを確認しつつドライバーと連携をとりながら、ゆっくりと慎重にこのアップダウンを無事に乗り越えていった。

_IMG9135.jpg

陸送道中の道路の幅や歩道橋の高さにもさることながら、このようなアップダウンにも細心の注意を払って陸送されていた。

2018.6.22 N700A G42編成 ⑯号車陸送

京セラドーム

_IMG7123.jpg

この日の前日は京セラドームでジャニーズ嵐のコンサートが行われていたようで日中は若い娘たちでとても賑やかだった。
そんな京セラドームも深夜は日中とは打って変わって身を隠すかのようにひっそりと鎮座していた。そこへN700A新幹線の陸送が通り過ぎていった。

ドーム繋がりということで今晩のセルラードームのOrionナイターは北海道日本ハムファイターズ VS 福岡ソフトバンクホークスの対戦のようだw

2018.6.11 N700A G42編成①号車陸送

N700A G42編成輸送 プロローグ

_IMG7448.jpg

今月の11日の未明から始まったN700A G42編成の搬入。今回のG42編成は日立製作所の製造担当分でした。

18日朝の通勤通学ラッシュの時間帯に発生をした地震の影響で搬入の日程も当初よりも少々遅れるだろうと思われてましたが予定通り22日の未明の⑮⑯号車の搬入をもちましてG42編成一連の陸送は無事に終了を致しました。

少し前に新幹線マルタイの陸送を撮ったばかりの同じ場所ででG42編成の⑯号車を撮ることに。
日本一大きいとされる観覧車と日本一早いとされる新幹線のコラボレーションが実現しました。

2018.6.22 N700A G42編成⑯号車陸送

花道を行く

_IMG6502.jpg

N700A新幹線に京阪電車そして阪急電車の新車の陸送が必ずや通る花道を今宵は新幹線マルタイの新車が陸送されていった。

2018.5.26 JR東海関西支社向け新幹線マルチプルタイタンパー陸送
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる