FC2ブログ

晴天褒めるなら夕暮れを待て

_IMG1071.jpg

近鉄南大阪線の二上山界隈で撮影をしていると...
千股池(ちまたいけ)の周りに何やら人が沢山集まってきた。
目を凝らして見ると殆どが三脚にカメラを据えて二上山の方向に向いて構えてる。
そうだった!この日は年に2回あるうちのひとつ秋分の日前後は万葉の山と知られてる二上山の雄岳(517m)と雌岳(474m)のちょうど真ん中に太陽が沈む日だった。
所謂ダイヤモンド二上山が見れる日だ。
それを狙いに沢山のアマチュアカメラマンが集まってきたのだ。

DSC_0110.jpg

DSC_0112.jpg

日中は青空が広がっていたものの夕方になるにつれ雲が増え始めて太陽のある方向は何時ものごとく沢山の雲で埋め尽くされていた。
ところどころ雲の隙間はあるのだが果たして太陽は出てくれるのだろうか?こればかりはその時になってみないと分からない。

_IMG1261.jpg

その瞬間をじっと待ってたら次第に雲の隙間から太陽が覗かせた。
結果、雄岳と雌岳に沈む太陽を拝むことが出来た。
とても神秘的で太陽が山の稜線に差し掛かった時、後光が射すかのように神のパワーを全身全霊に感じることが出来た。

やはりその時になってみないと分からないのが現実で状況がどうであれ最後まで諦めずに待つことも大事だと思った。
だがひとつ残念なことは千股池の水面は微風で波立っていて逆さダイヤモンド二上山とはいかなかった。
次は春分の日前後に雄岳と雌岳の真ん中に太陽が沈む。

2018.9.23 ダイヤモンド二上山 奈良県香芝市
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる