お腹が支えそうになった時(とき)

20170621-_IMG9787.jpg

新津鉄道資料館への陸送ルート上にある大鹿交差点では陸送されるE4系の大きさとなれば直接左折が困難な為、スイッチバックをして進行方向を換えるという処置がとられたが交差点内の緩やかな傾斜部分でE4系のお腹の部分である床下が地面と僅か1センチ未満?となった。乗用車では全く問題がないような傾斜でも長さ25メールとなればかなりカツい状況に…

20170621-_IMG9786.jpg

作業員の方が地べたに這いつくばりE4系の床下が道路に干渉しないように目で見て読み取る。それがあってギリギリ床下と道路との干渉は回避が出来ました。あとは角材をタイヤの下に敷いて高さを稼いで床下と道路との隙間をつくり何とか無事に傾斜箇所を脱出することが出来た。

20170621-_IMG9793.jpg

20170621-_IMG9801.jpg

脱出をした瞬間これらを一部始終固唾を飲んで見ていたギャラリー達一同から大きな拍手が送られました。

2017.6.21 E4系P1編成E444-1陸送
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たった1cmですか!! と、驚きますが作業員の方々は慣れた手つきで作業をこなしていくのでしょうね。
世間にはいろいろな仕事があり、それを昼夜問わず動き回る日本人ってほんとステキです!!

DF50 34様

1センチもなかったかもしれません。
色んなことがおきると想定して迅速に対処出来るようにしているところが流石日通です。
こんなことは日本人の大和魂しか出来ませんよね。世界に誇れることなので世界中から日本の技術を求められてるのには納得ですね!
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる