行先表示板

列車の行先を示す行先方向幕からLED表示が主流になりつつある現代だが、その両者でもない昔ながらの行先表示板方式が近鉄吉野線の特急では今なお現役だ。(16000系と16200系に限る)
終着駅に到着後、運転士・車掌が自ら行先方向板を差し替えていた。

20170114-_IMG1557.jpg

20170114-_IMG1537.jpg

2017.1.14 16000系Y08・16200系 近鉄吉野線 吉野駅
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナログな行き先板、やっぱり鉄道の基本アイテムですね。吊り下げ式や差込み式でそっだった世代なんで見れることに興奮します。ブルトレやL特急のような国鉄時代の方向幕も好きですが・・・。
運用される方々には手間のかかる作業ではありますが、やっぱり見る方にとっては旅情をかきたてられます。

DF50 34様

我々世代は行先方向板の世代ですから、やはりこういったものに萌えますね。
行先板は人の手を煩わせるし大変でそんな中登場をした方向幕が画期的で最先端と思ってたら今やLEDの時代ですから進化のスピードは凄いものです。
方向幕でも長年の劣化による破れや巻き込み等ありましたがLEDになればそんな心配はなく何だって表示出来るし何よりもエコですね。ホント日本人はひらめきがいいと言うか頭が良いです。
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる