2012年8月11日 行き先板の差し換え

IMGP3867.jpg

『不連続写真館』で行き先板差し換え←記事になってたが、それを見て思い出した。
南九州でもこのようにサボの入れ換えが人的に行われてた。
あくまでも4年前のことなので今はどうなってるか分からないが…

この時は青春18きっぷを使い4日間で出発地からを含め九州を一周した。
目指すは最南端の終着駅枕崎ってなもんで結構タイトな旅だったが、行って帰ってと4日間で周れるもんなんだなぁと我ながら感心をしたもんだ。
特に1日3本しか普通列車の設定が無いという日豊本線の延岡~佐伯間を克服出来たのが嬉しかったのを今でも覚えてる。
殆ど乗り継ぎで車窓を楽しむだけの旅だったが唯一指宿で名物の砂風呂を体験した。

因みにその時の旅程

8月10日(金)
大阪発~東海道・山陽本線経由~下関~小倉~鹿児島本線経由~荒尾~熊本(泊)

8月11日(土)
熊本~八代~肥薩線経由~隼人~鹿児島中央~指宿(泊)

8月12日(日)
指宿~枕崎~西大山~鹿児島中央~日豊本線経由~宮崎~大分~小倉(泊)

8月13日(月)
小倉~下関~山陽・東海道本線経由~大阪着

2012.8.11 肥薩線線 吉松駅
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おっ、やはり撮ってますね!!

岡山や広島から西に行くと、このような列車の運用をそのまま表すような行き先板が多く見受けられます。発着番線がコロコロ変わる駅なんかにはやや不親切な板ですね。国鉄時代はお客さんの都合より職員の都合で営業してるのが国鉄でしたから。

だからやっぱり本来の行き先駅表示オンリーってありがたいですね。

それにしても夜行列車なしでの18きっぷで九州一周や希少な日豊本線の普通列車とか、大変な行程ですね。

No title

DF50 34様
今から30年くらい前に上京した時、大阪近郊は早くに行先表示幕だったのに対して東京近郊はまだ行先表示板、所謂サボだったのには驚きました。
上野駅に着いた115系は折り返しまでの間、ホームとは逆側のドアを開けて職員が身を乗り出しサボの差し替えをやってた光景がありました。今思えばすごい手間のかかる作業だったかと思います。
なので行先表示幕はお客さんも助かるし職員かて配置しなくていいのだから当時から考えるとすごい画期的です。
でも今はその行先方向幕すら古くなってきましたね。最新鋭の行先はLED表示ですから...

夜行列車ムーンライト九州でもあれば利用しましたよ(笑)
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる