FC2ブログ

工場地帯から出てくる阪急電車

_C8K2703.jpg

レールオンをしたら見ることのない工業地帯から出てくる阪急電車の新車だった。

2019.7 阪急電車1300系1308F陸送

スポンサーサイト



篠目駅にて

_C8K3143.jpg

JR山口線の篠目駅と言えば給水塔を思い浮かべるだろう。それと現在使われてないが、腕木信号も残されている。これらをSLを絡めて撮るのが一般的だが、ここはキハ47のタラコ色と絡めて撮るのも悪くないと思った。

2019.7.14 JR山口線 篠目駅 キハ47系×2

さよなら610系D12編成のつもりが

_C8K2599.jpg

都内での陸送写真展の帰りに名古屋で新幹線を降りて在来線に乗り換えて大垣へ。そして養老鉄道揖斐線で運用に入ってる筈の610系D12のさよなら板付きを撮る筈が、何故か来たのは620系のD24編成。
ファンイダー越しに見てると板も付いてるしD12と思いながらも編成が長い気がしたのでまさか?と思いきや、、、どうやら運用が差し換わったようです。結局、良く撮ったD12編成の最後を見届けることが出来ず終わってしまいました(涙)

2019.7 養老鉄道揖斐線 620系D24編成

小川建機スカニア率いる東京メトロ03系

_C8K2511.jpg

東京メトロ03系のお面が前向きに積載されたのは小川建機さんのスカニアが率いるマルチトレーラーだった。
だが今回は、お面が後ろ向きに積まれたショウエイさんのトレーラーを追っかけた。

2019.7.7 03-129号車 03-829号車陸送

ショウエイスカニア率いる東京メトロ03系

_C8K2585.jpg

以前からショウエイさんのスカニアを撮りたいと思っていた矢先、都内で陸送写真展を開催してた期間中に東京メトロ03系の陸送があり、ショウエイさんのスカニアが登板した。ただ残念なことに03系のお面が後ろ向きに搭載されたので、スカニアと03系のお面を一緒に撮ることが出来なかった。なので広い交差点で横からスカニアとマルチトレーラーに載った03系をファインダーに収めた。

2019.7.7 03-129号車 03-829号車陸送

反射板の付いた陸送

_C8K2519.jpg

陸送あとの甲種輸送の時の為か反射板が付けられていました。陸送で反射板が付いてるのを初めて見ましたが、追突防止の注意喚起の役割も果たせて良いのではないでしょうか。

2019.7.7 03-129号車 03-829号車陸送

傘の花咲く沿道を行く

_C8K2933.jpg

_C8K2941.jpg

_C8K2948.jpg

雨が降る沿道で多くの観衆が観てる中をclass800英国車両が2台続けてゆっくりと移動をする。

2019.7.14 道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト

道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト②

いよいよ7月14日の朝、小雨が降る最中、日立製作所の正面玄関ではclass800英国の高速鉄道車両の陸送の出発式が行われるなど2年前の見学プロジェクトと比べると豪華になっていました。それもその筈、今年は下松市にとって市制80周年という節目の年でもあり日立製作所としてもIEP向け車両の生産が終盤を迎えたと言うのもあって、それらが相まって2年前に開催したイベントをもう一度したいという関係者の想いがこの程実現したわけでして、前回は市が主導するイベントでしたが、今回は下松商工会議所も加わり官民あげての合同イベントとなりました。そして今回は先頭車が2両が陸送されることになり、トレーラーヘッドに対してお面が前向きと後ろ向きがそれぞれ1両ずつでした。
前回は午後14時の出発でしたが今回は午前10時の出発と細かい変更点もありました。

_C8K2866.jpg

先ずは先先導車は山口県警のパトカーだった。これは2年前の時も同じでした。

_C8K2867.jpg

次に下松市の広報宣伝カー。その後ろに山口県警の白バイ部隊、そして日立物流の方の乗ったワゴン車と続きます。

_C8K2875.jpg

そしていよいよ待ちに待った陸送本体。先ずはお面が前向きのclass800が先陣を切りました。
トレーラーヘッドは新車のボルボトラクターが登坂。
ヘッドには何やらヘッドマークならぬヘッド幕?が付いてました。

_C8K2899.jpg

このあと続けてお面が後ろ向きのclass800が出てきますが、それを待たずして前向きのclass800を追っかけました。

_C8K2908.jpg

沿道には沢山の観衆がこの瞬間を待っていました。
一時的なものか分かりませんが、フロントガラスの上の文字がHitachi Transport Systemから日本語表記の日立物流の文字に挿し変わってることに気がつきました。

2019.7.14 道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト

道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト再び

普段陸送を撮っている者にとって冥利に尽きるイベントが、またしても7月14日の日曜日に日立製作所笠戸事業所のある山口県下松市で行われた。
2年ぶりのイベントで前回は2017年の3月に実施されたが、その時の観客の数は3万人だったのに対して今年はそれよりも多い3万5千人が集まったようだ。

_C8K2858.jpg

今回は日立製作所の正門がスタート地点となった。

_C8K2820.jpg _C8K2821.jpg

_C8K2841.jpg

_C8K2846.jpg

_C8K2849.jpg

前回は日立製作所の東門がスタート地点で約4キロの道のりを40分掛けて移動したが、今回は正門がスタート地点に変更になったので、前回移動した半分の2キロの距離を50分掛けて移動をした。人が歩く程の超スローな速度でゆっくり移動をした。
当日の朝、あらゆる場所に、それらを予告する看板や電光掲示板が出ていた。

2019.7.14 道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト

キハ183 220レールオン作業

_C8K1488.jpg

_C8K1492.jpg

_C8K1495.jpg

_C8K1496.jpg

_C8K1498.jpg

_C8K1505.jpg

_C8K1515.jpg

_C8K1576.jpg

_C8K1580.jpg

_C8K1553.jpg

D51ステーション道の駅あびらでのキハ183 214のレールオン作業はお昼までに無事完了した。
そしてもう1両陸送されたキハ183 220の方は午後から、道の駅から数キロ離れたところにある安平町鉄道資料館の方でレールオン作業が行われた。
キハ183 214を吊り上げたラフター2機が鉄道資料館の方へ移動して道の駅との掛け持ちの作業となった。
道の駅よりせせこましいところでの作業だったが、より近寄って写真が撮れたので迫力のある画が撮ることが出来たと思う。
はるばる北海道までやってきた甲斐があったってもんだ。

2019.6.16 キハ183 220 レールオン 安平鉄道資料館
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
twitter @HarborLight1211

FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる