FC2ブログ

脱皮

_C8K4132.jpg

_C8K4085.jpg

_C8K4126.jpg

レールオンに向けての準備がなされる。厳重に梱包されたカバーが脱皮のごとく徐々に剥がされていき中身が露になっていく。情報を聞きつけ集まってきた近所の人達も見守る中、作業は進行していく。

2019.3 京丹後鉄道KTR300型301号車 与謝野駅前
スポンサーサイト



梱包された鉄道車両

_C8K4123.jpg

_C8K4088.jpg

厳重に梱包された重量物。パッと見は鉄道車両とは分からないが、隣に止まっていた平ぼてのトラックの荷台に車輪が見えてることから鉄道車両に間違いない。SNSで富山の方にあるサービスエリアで目撃が上がっていたが、この日は京丹後鉄道の与謝野駅前にその重量物が鎮座していた。
立看板から梱包された中身は京丹後鉄道の新車のようである。

_C8K4115.jpg

今日ここに来たのは、染谷運輸さんのスカニアが見たくて来たのだから、積み荷が梱包されていても差し支えなかった。この色のスカニアは初めて見たのでとても新鮮だった。

2019.3 京丹後鉄道KTR300型301号車 与謝野駅前

N700A G47編成瀬戸内撮影紀行⑥

_C8K3438.jpg

前記事から河津桜の横には水仙が沢山咲き誇ってました。
とても綺麗に見える水仙ですが、その美しさの裏には恐ろしい毒があるのです。
水仙の球根にはリコリンと言う毒が含まれているので畑を荒らす野ネズミとかの駆除で水仙を植えられてることが多いようです。
そんな綺麗な水仙が咲く沖合いを行くN700Aの①~⑧を乗せたデッキバージはゆっくりと東へ向かいました。

2019.3 N700A G47編成の①~⑧デッキバージ

N700A G47編成瀬戸内撮影紀行⑤

_C8K3426.jpg

昨日、大阪・京都・神戸で桜の開花宣言がされました。来週の中頃が見頃になるとか。しかし週末に寒の戻りがあるようなので今年は満開の桜を少しだけ長く見れるそうです。
画像は3月初旬に訪れた瀬戸内沿岸で河津桜が満開のピークを過ぎてましたが桜越しに見る沖合いを行くN700Aのどんぶらこは乙なものでしたw

2019.3 N700A G47編成の①~⑧デッキバージ

常磐顔の105系

_C8K4500.jpg

_C8K4528.jpg

かつて国鉄常磐緩行線から営団地下鉄千代田線へ乗り入れをしていた103系1000番台てのがあった。
当時の国鉄で国内最多だった103系に貫通扉がついた特殊な形が特徴だった。
1984年10月1日の奈良線と和歌山線、紀勢線の一部の電化開業に併せて103系を改造した大量の105系が登場をしたが、そのなかでこの常磐緩行線用の103系1000番台を改造した常磐顔の105系が多数存在する。

2020年春までには和歌山線と桜井線を走る全ての105系が227系新製グループに置き換えが完了とされる中、105系は最後の力を振り絞って活躍をしているが常磐顔の元103系1000番台も1971年の登場から40年余り、遂にその幕を下ろす。

2019.3.24 105系 和歌山線 玉手~掖上

和歌山線105系

_C8K4552.jpg

前回、雨の中で旧家を絡めて撮った和歌山線の105系。今回も所用の合間に和歌山線に寄り道をして撮ってきた。今回は雲が多いながらも晴れカットを撮ることが出来た。やはりこの地区で目を引くのは旧家だ。こういう風景を見るとアドレナリンが吹き出す(笑) 築何年くらいだろうか?綺麗に手入れされた軒先を余命いくばくもない105系が通過していった。

2019.3.24 105系 和歌山線 玉手~掖上

N700A G47編成瀬戸内撮影紀行④

_C8K3408.jpg

しまなみ海道を潜り抜けていよいよ航路は備讃瀬戸航路へと目指して行く。
N700A①~⑧を乗せたデッキバージが向かう遥か先、水平線に蜃気楼のように浮かぶ大型貨物船、改めて海の広大さを感じとることが出来た。

2019.3 N700A G47編成の①~⑧デッキバージ しまなみ海道

N700A G47編成瀬戸内撮影紀行③

_C8K3360.jpg

N700A G47編成の①~⑧を乗せたデッキバージが、しまなみ海道を潜る頃は朝日も程よく昇り幸先の良いスタートとなりました。朝日を身体全体に浴びると自然とパワーがみなぎってきます。
この時のことは一生忘れることも出来ない素敵な光景だったと言っても過言ではありません。

それと当ブログのリンク先でもある不連続写真館の管理人DF50 34さんも折しも同月に、しまなみ海道で夕日を撮られていて、偶然にも朝日と夕日のリンクコラボとなりましたw

2019.3 N700A G47編成の①~⑧デッキバージ しまなみ海道

N700A G47編成瀬戸内撮影紀行②

_C8K3247.jpg

前記事とテレコになるが、ここに着いた当初、思ってもみないことが判明した。それは背後に山陽本線があることに桃太郎のカマが率いる長大編成の貨物が走ってきたことで気が付いた。
N700A G47編成①~⑧のデッキバージはまだ程遠かったが、貨物の特徴である長大編成をワイドに入れて撮った。カラフルなコンテナが、これだけ離れていても華やかに見える。そしてこのあと115系が現れたというオチだった。陸上の貨物と海上の貨物、いや海上の甲種と言ったところだろうか、両者のコラボが見事実現をした。

2019.3 N700A G47編成①~⑧号車デッキバージ輸送

N700A G47編成瀬戸内撮影紀行

_C8K3282.jpg

本日未明にN700AのG47編成16両全ての搬入が終わったので、日立製作所笠戸事業所(山口県)から大阪港へ送り込まれる同編成①~⑧号車のデッキバージによる海上輸送の様子についてブログにアップすることにした。

早速ではあるが今月の始めに“電車を撮ろう”さんと瀬戸内のとある島へ向かった。今回は何時もとは違った変則的に行われた海上輸送だが、それをとある島で何とかキャッチすることが出来た。陸上を走る乗り物とは違ってなかなか動きが読みにくい船舶関係だが、何とか計算通りに自分達が思っているような画が撮れた。そのひとつが3月16日のダイヤ改正で山陽本線の糸崎~岩国間での運用が無くなってしまった115系とN700Aの①~⑧号車を載せたデッキバージを絡めて撮ることが出来たのだ。カメラのファインダー越しにデッキバージを目で追いながら背後を走る115系の位置に集中しながらシャッターを切った。感動もひとしおであることさながらいい記録が出来たと、このように思っている。

2019.3 N700A G47編成①~⑧号車デッキバージ輸送



プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
twitter @HarborLight1211

FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる