FC2ブログ

ふたつのアドバンス

_IMG9864.jpg

深夜の博多総合車両所で眠るN700Aのアドバンスのロゴが道路を陸送されていく新車のN700Aのアドバンスのロゴと一瞬並んだ。

2018.7.16 N700A F15⑬号車陸送
スポンサーサイト



博多港国際ターミナル

_IMG8324.jpg

韓国・釜山への定期航路が就航する博多港国際ターミナ
ル。海外からの豪華客船も寄港する場所だ。
そんな賑わいをみせてる日中とはうって代わって静まり返った深夜の国際ターミナルを横目に我が国が誇る最新鋭新幹線N700Aが突如現れた!

2018.7.16 N700A F15編成⑯号車陸送

夏の思い出

_IMG8433.jpg

N700A F15編成の⑯号車が運ばれた日は折しも祝日の未明てことで沿道には小さなお子さんを連れられた家族連れの姿がちらほら見受けられました。
お子さんよりお母様の方が熱心にスマホで写真や動画を撮られていたのが印象的でした。
子供達は夏の良き思い出となったでしょうか?

2018.7.16 N700A F15編成⑯号車陸送

博多豚骨

_IMG8392.jpg

博多はやっぱ豚骨やけん。店がいっぱいあるばい。
陸送なんか撮っとらんと店に寄って食べて行かんね。と声が聞こえてきそうなくらい市内あちらこちらで目にする博多ラーメン。その豚骨の濃厚さは半端なく明らかに関西で食べる豚骨とは違う。
福岡に来られた際は是非ご賞味下さい。
てなわけで博多豚骨にN700A新幹線を添えて。

屋台のラーメン食べて行かんね!

_IMG8378.jpg

屋台ラーメンの亭主と一緒に新幹線の陸送を見送った。驚いた顔で陸送される新幹線をずっと目で追われていた。
今度来た時はラーメン食べて行くけんね!それまで待っとってな!

2018.7.16 N700A F15編成⑯号車陸送

スタートライン

_IMG8353.jpg

先週博多港で陸揚げされたN700A F15編成。早いものでもう15編成目になるのかと思うと同時に去年12月のF12編成の時は海上の時化の関係で日程が1日ズレて撮れなかった苦い経験が時間が経ち今は良い思い出となり今夜はその仇討ちに来たようなもんだ。
折しも祝日の深夜ということで気持ち的にも余裕が出来て現地の友人に運転は任せて普段撮らないようなところに案内してもらった。

そして博多埠頭を出発していく日通が率いる陸送陣達。welcome to Fukuokaの文字がまるでこれから始まる陸送劇のスタートラインかのようで、ここを越えて一斉に陸送陣達は博多の街へ駆け出していった。

2018.7.16 N700A F15編成⑯号車陸送

空陸海

_IMG8174.jpg

高層マンションかのように後ろに聳え立つのは中国を拠点とする英国の豪華客船マジェスディック・プリンセス号である。とにかくデカい!遠目に見てこの大きさだから真下から見たら凄く圧倒されるだろうな。最初見た時は高層マンションが出来たのかと思ってしまった。

調べてみたらこの日は博多港に午前8時に入港をし午後9時に離岸となっていた。その間、中国の富裕層が博多の街に爆買いに繰り出しているのだろう。

その傍らN700A新幹線が深夜の搬出に向け陸送スタンバイをしている。上空を見上げると丁度そこへ飛行機が飛んでいて空陸海のスターの三拍子が揃った。

2018.7.15 N700A F15⑮号車陸送 博多港

夏場陸揚げ撮るのは大変だ!

_IMG8156.jpg

大阪モノレールの新車3000系3150号車の陸送を撮り終えた後、トレーラーからの下ろしは撮らずに直ぐに家に帰り昼過ぎまで仮眠をしてからN700A F15編成の陸揚げと陸送を撮るべく夕刻から新幹線で博多へ向かった。
やはりこの異常な猛暑で睡眠不足になると後々大変なことになる。そこはしっかり睡眠をとり体調を整えてから次の日の行動を取るように心がけている。

博多に到着をすると同時に駅前のホテルにチェックインをした。博多祇園山笠の最中てこともあって市内のホテルはどことも満室だったが直前のキャンセルとかもあって何とか部屋を抑えることが出来た。とりあえずビールを一杯飲んだあと次の日に備えて直ぐ就寝をした。そして翌日レンタカーで博多港へ向かった。

豊橋港からN700A F15編成の⑯⑮号車を積んだ内航船「王陽丸」が既に陸揚げの場所に接岸されていてラフター2機もクレーンアームが上がっていて何時下ろしてもいいようにスタンバイをしていた。
程なくして朝から炎天下のなか車輪の陸揚げから始まった。エアコンの効いた車内から車両本体が上がるのを待っていたのでこの時点ではまだ快適だった。

そしてクレーンアームの先端に天秤が掛かり玉掛準備がなされたので車外に出てカメラの準備をした。暫くしてから車両本体の陸揚げが始まった。先に船底から出てきたのはアドバンスロゴ入りの⑮号車だった。

博多港に着いた時は雲ひとつなかったが時間が経つにつれ雲が涌いてきて⑮号車が吊り上げる頃には入道雲になりつつあった。
そしてようやく待ちに待った東京方の先頭車の⑯号車が吊り上がった。もうこの時にはシャツの色が変わるくらい気が付いたら汗だくになっていた。
金屏風のように入道雲が涌いていて如何にも夏らしい画が撮れて大変満足だ。

_IMG9775.jpg

福岡空港も近いということもあり着陸をする飛行機とも絡ましやすかった。
ここで現地の友人と合流をして、ここから翌朝の陸送が終わるまで付き合ってくれた。
その節はありがとうございました(^-^)

2018.7.15 N700A F15編成⑯号車陸揚げ 博多港

空飛ぶ車輪

_IMG9689.jpg

長瀬智也主演の空飛ぶタイヤという映画が公開されているが空飛ぶ車輪というタイトルの映画は未だ公開されていないw
N700A新幹線の車輪が博多ポートタワーを背景に空を飛んでいるようだった。

2018.7.15 N700A F15編成⑯⑮台車陸揚げ


暑中お見舞い申し上げます

_IMG8553.jpg

異常な猛暑日が連続で続いている今日この頃。
それにより救急搬送される方や亡くなられる方も過去最多で特に小学生や高齢者が最も危険だと指摘されている。まだ身長の低い小学生は直射日光によるアスファルトからの照り返しの熱を身体全体に吸収しやすく、それにより熱中症になったり、また暑さを感じにくくなっている高齢者は部屋に居る時もエアコンをつけない傾向にありそれにより熱中症で亡くなられている方が沢山居るようだ。

休日ともなれば、この暑さのなかでのむやみやたらの外出は控えクーラーの効いた涼しい部屋の中で過ごすようにしたいが、どうしても外出を余儀なくされる場合は専門家が連日のように口を酸っぱくして言っている水分補給と塩分の補給これしか外出先での熱中症を防ぐ手立ては他にはない。という自身は炎天下のなか撮影に出て滝のような汗とペットボトル10本以上の水を飲んだ。

例年を上回る異常な猛暑日はあと1週間は続くとのことで要注意である。
今週末には日本列島に張り出している夏の高気圧と言われている太平洋高気圧が2つに分断されこの猛暑も解消されるとのこと。ただ代わりに台風ラッシュになるかもしれないとのことで今度は西日本集中豪雨による被災地が心配である。

2018.7.21 600系D01編成 養老鉄道
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
twitter @HarborLight1211

FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる