FC2ブログ

交差点を曲がる巨大なマルチプルタイタンパー

_IMG6411.jpg

今思えば深夜に陸送される新幹線の保守用車マルチプルタイタンパーを撮るのは2回目でした。1回目は九州は福岡でJR西日本向けのやつでした。

今回はJR東海の関西支社向けのようで大阪府摂津市にある鳥飼の保線基地に入れるのは17年ぶりとかで今回のこの1本のみのようです。次は何年先になるか分からないとか小耳に挟みました。そのような話を聞くと偶然とは言え貴重な光景を見ることが出来て感激です。

_IMG6432.jpg

週末の深夜とあって帰宅をするそこそこの人の数が見受けられる狭い交差点を8軸のコメット台車に乗った車両重量約90t、全長23.4mの巨大なマルタイが曲がっていく姿は圧巻でした。そこを通りかかった人達も興味津々にスマホのカメラを向けておられました。
またこのような狭い交差点を一発で曲がっていくドライバーさんの技術と後ろで舵を切りそれをサポートをする誘導員さんの連携がとれた技術に酔いしれた夜となりました。

2018.5.26 JR東海関西支社向け新幹線マルチプルタイタンパー陸送
スポンサーサイト



新幹線の保守用車マルチプルタイタンパーの陸送

_IMG6336.jpg

遂に関西でも見ることが出来た新幹線の保守用車マルチプルタイタンパー(以降マルタイ)の陸送。
ここ最近陸送撮影に対してモチベーションが下がっていましたが新幹線マルタイの陸送を関西でも見れるとのことでモチベーションも上がり久しぶりに夜遊びと相成りました。

陸送担当は近興さんのデカニア+8軸のコメット台車と言うこともありアドレナリンが半端なく吹き出たことは言うまでもありません。
という訳で先ずは六甲出発前ミーティング中の男達の勇姿を撮らせて頂きました。

2018.5.26 JR東海関西支社向け新幹線マルチプルタイタンパー陸送

今年の水鏡は...

_IMG5729.jpg

今年は桜の季節に運を使い果たしてしまったのか田んぼの水鏡には縁がなかった。
その理由として天気が良くても水がまだ張ってなかったり風が強くて水鏡にはならなかったりなどが上げられる。だからと言って季節は待ってくれない。

この画は田植えが終わってるが今年唯一撮れた水鏡の画である。前記事の俯瞰の画がまさにこの場所を俯瞰したのもで背後に写っている山が池田山になる。

2018.5.12 600系D02編成 養老鉄道 東赤坂~広神戸

梅雨を前に

_IMG6204.jpg

日々日差しが強くなっていく一方で田植えも終わっていよいよ季節は初夏へとまた一歩前へ進んだ。そして嫌なじめじめとした梅雨がやってくるのも間近である。
それを前に今回は良い条件で俯瞰撮影が出来たので良かった。
良い条件とは霞みが全くないことと気温の上昇による陽炎で遠くの景色がぼやけない(少々のぼやけは仕方がない)ことが主に上げられるが、この日はこのような条件を2つとも見事クリアすることが出来た。

2018.5.19 養老鉄道 美濃本郷ー揖斐

吉野川と大井川

_IMG7920.jpg
2018.5.4 16000系Y07+Y09 近鉄吉野線 大和上市~吉野神宮

_IMG5440.jpg
2018.5.5 元近鉄16000系Y02 大井川鐵道 神尾~福用

近鉄時代の16000系は吉野川と密接な関係にありつつも現役引退後、第2の活躍の場が大井川鐵道となると今度は大井川と密接な関係となった。16000系には川の風景が良く似合う。
大井川は残念ながら泥川となったが前回訪れた時は山影が落ちてたので今回全体的に日があたってスッキリ撮れたことが良かった。

急行「奥大井」

_IMG7957.jpg

前回、急行「奥大井」号を撮った時は猛烈な雨だったが今回は雲ひとつないピーカンで撮ることが出来た。
前回同様に元近鉄16000系でやって来てくれたのだからとてもラッキーだ。
だが鉄橋向こうの木の枝に咲く花を入れようと気をとられてたらいきなり来て焦ってしまったw

やはりどう見ても四国の歴代の急行の板に似ている。急行料金は不要と言うことで今度は是非とも乗ってみたい列車だ。駅を通過する際、近鉄特急を彷彿出来るかな?

2018.5.5 元近鉄16000系急行「奥大井」大井川鐵道 青部~崎平

池田山から見える御嶽山

_IMG6084.jpg

こちらも池田の森ハングライダーの発進地から見た景色で濃尾平野の景色である。先ほどまでは眼下を走る揖斐線にスポット的に目をやっていたが少し視線を上げると今度は遠くの山々が綺麗に見えていた。

_IMG6083.jpg

そのなかでも直線距離百キロ先にある御嶽山や乗鞍岳までがクッキリと見えていた。
御嶽山と言えば以前にも記事にしたことがあるが噴火での死者58人、未だ5人が行方不明となる史上最悪の自然災害であったことが記憶に新しい。
噴火から今年で4年目になるが今の御嶽山の姿がこちらで何もなかったかのように堂々と鎮座する。

2018.5.19 池田山より御嶽山遠望

池野駅遠望

_IMG6215.jpg

これは岐阜県揖斐郡池田山の標高800m地点にある池田の森ハングライダー発進地から見た揖斐線池野駅周辺の俯瞰である。
実は前々記事前記事とも同じ場所からの俯瞰だが、それらと比べると駅周辺とあって民家や商店が密集してることがよく分かる。
そんな景色を望遠レンズ超しに暫し眺めているとそこへ上り列車のラビットカーが池野駅に到着をするところが確認出来た。

2018.5.19 600系D06編成 養老鉄道池野駅

パッチワーク

_IMG6220.jpg

水田と麦畑が織り成すパッチワーク。
麦畑も色付き収穫も間近の傍ら田んぼの水引も終わり田植えが始まろうとしていた。
そんな風景を山頂から見ていると一枚の絵のようでラビットカーがやってきたのが見えた。

2018.5.20 600系D06 養老鉄道 北神戸ー池野

風速5メートル

20180519-_IMG1100.jpg

先週の土曜日は猛烈な突風が吹くなど荒れた天候だった。
冬型の気圧配置に似た天気で気温もさほど上がらず上着がいるくらいの寒い1日だった。
そんな折、田んぼの水鏡を撮りに来てしまい風速5メートルもの冷たい北風が田んぼの水を波立たせ水鏡にはなってくれずに完全に計算が狂ってしまった。
途方に暮れていたところ遠くの山がクリアに見えていたので思考を変えて急遽山に登って俯瞰撮影を楽しむことにした。

直前まで強風が恨めしく思っていたが、逆にこの冷たい北風のおかげでこのくらい離れた高い場所からでも下界の景色がクッキリと手に取るように見えていたので北風様々である。計算が狂うのもたまにはいいものだw

2018.5.19 620系D21 養老鉄道 美濃本郷ー揖斐
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
twitter @HarborLight1211

FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる