西新宿JCT

20160721-_IGP2555.jpg

大阪の阿波座JCTに似ている西新宿JCT
こちらも複数の首都高速が入り混じり合い独特な形状になっていた。
その下に進入する元営団丸ノ内線500形。

ところで西新宿と言えば、今から25年前にフジテレビで放送されていたドラマ「しゃぼん玉」を思い出す。
ドラマの舞台はこの西新宿で主役は長渕剛さんでヤクザから足を洗った町医者の役だった。

その町医者役の長渕剛さんが政治家が絡んだ西新宿再開発計画での地上げと権力に立ち向かっていく勇敢な役のストーリーだった。
中でも卑劣な地上げに横行する暴力団・銀龍会のチンピラ役に今では大物俳優の若き頃の寺島進さんが出ているが迫真の演技で当時は本物のチンピラか?と思ったくらいだった。
それからは、すっかり寺島進さんのファンになってしまった。

バブル絶頂期は西新宿の地上げが実際に凄まじかったと聞く。
バブルの崩壊後は開発もストップし再開発の予定地も手付かずで空き家や空き地が数多く点在したようだ。

丁度その頃に日本を離れアルゼンチンで過ごした元営団丸ノ内線の500形も20年ぶりに帰国し今日の西新宿を見てどう思ってるのだろうか…

2016.7.21 元営団丸ノ内線500形陸送
スポンサーサイト

2016年7月23日 都電荒川線8900形8907番8908番陸送

20160723-_IMG0446.jpg

20160723-_IMG0453.jpg

都電荒川線の新車8900形のラスト8907番と8908番のイエローが今月23日、製造元のアルナ工機から荒川車庫へ向け陸送された。
今回は珍しく養生無しでの陸送だったのでお面がよく見えるところでと思い付いたのが、滋賀県と三重県の県境にある国道1号線の鈴鹿トンネルだ。
今後営業運転をするにあたり都電とは縁もゆかりもないトンネルと絡めて撮りたかった為である。
鈴鹿トンネルを抜けると標高357メートルの峠を一気に下って行く。

2016.7.23 都電荒川線8900形8907番8908番陸送

2016年7月21日 キヤ97 R1編成

名古屋駅をウロウロしてると白昼堂々とホームにレールを積んだキヤ97がDE10に牽かれて入ってきた。

そして直ぐにカマの切り離し作業がされ、DE10は稲沢方面にキヤ97は車両区の方へと引き上げて行った。

20160721-_IGP2577.jpg

20160721-_IGP2580.jpg

20160721-_IGP2589.jpg

20160721-_IGP2593.jpg

20160721-_IGP2597.jpg

ホーム上でのカマの切り離し作業、まだ客車列車や荷物列車が盛んな頃に全国各地でよく見られた光景だ。
赤い旗を振って機関士に合図をする。
またしても懐かしい光景を見ることが出来た。
しかしキヤ97は気動車で独自に走行出来るのに何故カマに牽引されてきたのだろう…

2016.7.21 キヤ97 R1編成 名古屋にて

凱旋門

20160721-_IGP2530.jpg

アルゼンチン共和国ブエノスアイレスで20年間活躍をし、その役目を終え日本に凱旋帰国をした元営団丸ノ内線500形の陸送は中野検車区へ向け第ニ京浜国道をひた走る。
その道中、国道に架けられたまるで凱旋門のような雰囲気のアーチ橋の下を潜り抜けた。
500形とアーチ橋が、ごく自然と一体化している。

2016.7.21 元営団丸ノ内線500形陸送

2016年7月21日 元営団丸ノ内線500形陸送

20160721-_IGP2516.jpg

20160721-_IGP2556.jpg

元営団丸ノ内線500形がアルゼンチン共和国ブエノスアイレスより20年ぶりに凱旋帰国をした。
落書きだらけの使い込まれたクタクタの車体は、まさに戦い疲れた勇敢な兵士のようだった。
凱旋帰国を祝うかのように沢山のギャラリーが500形を出迎えた。

2016.7.21 元営団丸ノ内線500形陸送

2016年7月21日 駅構内の給水ホース

長距離列車が停車をする大きな駅ならば、どこの駅にもあった給水用のホース。
ちょうど線路と線路の間に等間隔に、そのホースは設置されていた。
このホースは列車の洗面所とトイレの水を補給する為のものである。
長距離列車の場合、中間駅などで、それまでに減った洗面所やトイレの水を停車中に水タンクへ補給をする。
この作業は作業員が線路上に下りて手作業で洗面所とトイレのある各号車毎に行われる。

20160721-_IGP2617 (1)


大阪駅でも、夜行列車が盛んな頃によく見られた光景だが大阪駅を通る長距離列車が激減したため現在は撤去されていて跡形だけが残っている。

20160721-_IGP2623 (1)

20160721-_IGP2621 (1)

この日、東京からの出張の帰りに名古屋駅に降り立った際、偶然にもその懐かしい光景を見ることが出来た。
特急ワイドビューひだ用のキハ85に給水をしていた。
通常、車庫内で給水を済ませるが、車庫に戻らずにワイドビューひだのように名古屋駅で折り返す運用などでは、駅構内にある給水ホースを使って水が補給される。

とても懐かしい光景を見ることが出来良かった。

2016.7.21 ワイドビューひだ13号 名古屋にて

2016年7月17日 京都鉄道博物館へ

20160717-_IGP2448.jpg

20160717-_IGP2452.jpg

3連休は京都鉄道博物館へ行ってきました。
連休とあって人が多いかなぁと思いきや意外にも空いてた。
それとも館内が広いからそう感じただけなのか分からないが案外ゆっくりと見て回れた。

館内の様子など見ての感想は、ここでは割愛するが、やはり陸送で運ばれてきた車両たちがどのように展示されてるのかが一番に気になるところであった。
寝る時間を惜しんで追っかけた車両たちが目の前に展示されてる。
それらを見て感無量な気持ちでいっぱいだった。

2016.7.17 京都鉄道博物館

2016年7月18日 梅雨明け発表

20160718-_IMG0402.jpg


20160718-_IGP2462.jpg

九州~東海の梅雨明けが昨日、気象庁から発表された。

ジメジメと重い空気がのし掛かる雨の期間もようやく終わり、昨日から空気が一変してカラッとした暑さとなった。

夕日が拝めそうだったので、近くの山に運動がてら歩いて登頂した。
今回は40分かけての登頂だったが、吹き出る汗や暑さよりも体にまとわりつく薮蚊に、とても参った。
梅雨明けと同時に彼らの動きも活発となる。

2016.7.18 近鉄大阪線 安堂~河内国分

2016年7月15日 日本一高い観覧車の下を陸送

20160715-_IGP2341.jpg

日本一高い観覧車が大阪府吹田市の万博記念公園にある大型複合施設「大阪エキスポシティ」に今月1日にオープンした。
その観覧車の名前は「レッドホース オオサカ ホイール」
全高123メートルで日本では1番、世界で5番目に高い観覧車となる。
全ゴンドラで座席シート以外の床面が透明ガラスになっていてシースルーで下界の景色が足元に見えるそうで高所恐怖症の人は無理かもしれないがゴンドラ2基限定で座席シートや照明等の内装を豪華にした「VIPゴンドラ」も用意されてるそうだ。
間近で見てもかなりバカでかく、そのスケールが見て分かる。 またひとつ大阪の新名所が誕生した。

阪急電車の廃車体がその「レッドホース オオサカ ホイール」の下を陸送されて行った。

2016.6.15 阪急電車3000系3074F廃車陸送

東京メトロ日比谷線13000系の陸送

20160617-_IGP1697.jpg

20160617-_IGP1709.jpg

先月中旬に都内で行われた東京メトロ日比谷線の新車の陸送。
お面は残念ながらビニールで養生されていた。
なので何箇所かは出来るだけサイドビュー狙いで撮った。
お披露目前だから、その対策なのか、甲種の際に汚れ付着防止なのか分からないが二編成目以降の甲種と陸送は養生なしのお面が見れるといいですね。

2016.6.17 東京メトロ日比谷線13000系陸送


プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる