FC2ブログ

尾小屋鉄道キハ3搬出②

_C8K3531.jpg

キハ3は吊り上げ出来る位置まで引き出されたあと、いよいよ玉掛作業に入り車体と台車を分割することなく台車ごと吊り上げられた。
比較的低い位置で吊り上がったキハ3がゆっくりと旋回する。そして日野プロフィアが待つ、低底トレーラーへ積み込みがなされる。
現場を指示し作業を担当するのは大阪のアチハさんでトレーラーは富山県高岡市の細川建材運輸さんという違例の組み合わせだ。

_C8K3550.jpg

_C8K3580.jpg

吊り上げるためのクレーンは1機だけで、車体の大きさと重量から1機だけでの吊り上げは容易のようだ。
それにしても空の色と山の緑、そしてキハ3の塗装とのコントラストが美しかった。

_C8K3578.jpg

積み込みが終ったあとクレーン車はそそくさに現場を後にした。粟津公園の方に先回りして下ろしの準備をする為だそうだ。キハ3を積んだトレーラーも暫し休憩をしたあと粟津公園の方に向かうという。なので我々も先回りをすることにした。

2019.7.27 尾小屋鉄道キハ3搬出作業
スポンサーサイト



尾小屋鉄道キハ3搬出①

_C8K3471.jpg

早朝から背中に汗が滴り落ち、蝉がミンミンと鳴響く山中で一本のクレーンのアームが夏の空へと伸びる。これから尾小屋鉄道ポッポ汽車展示館で動態保存されているキハ3の搬出作業が始まろうとしていた。

移送先は小松市にある粟津公園で、そこの園内にある全長480m弱の、なかよし鉄道でキハ3を走行させようということで尾小屋鉄道を守る会の皆さんが中心となってクラウドファンディングにより実施された。

キハ3と言えば以前にも、なかよし鉄道で走行している。この時は遠州鉄道時代の塗装マルーンに戻されての復刻運転だった。今回のことも含め、これら一連のことを考えると尾小屋鉄道を守る会の皆さんの熱い思いが染み入る。

_C8K3449.jpg

_C8K3459.jpg

搬出作業に先立って尾小屋鉄道を守る会の方達の手によって5号蒸気機関車や客車ハフ1と共に建屋の下で動態保存されていたキハ3の引き出す作業がなされた。
画像から5号蒸気機関車にキハ3が引っ張られ引き出されたかのように見えるが実は逆でキハ3で5号蒸気機関車を押してるのだ。キハ3が自ら野外へ出てきたということになる。そう考えると可愛らしいではないか。こう言ったシーンも何れ貴重になるであろうと言うことで沢山の方が盛んにシャッターを切られていた。

天気は南海上に台風接近のため、午後から雨で大荒れになる予報であるが、この時は、まだ晴れていて日差しがキツかった。天気が1日もってくれればと願う思いでこれから始まる搬出作業をじっと待っていた。

2019.7.27 尾小屋鉄道キハ3搬出作業

キハ183 220レールオン作業

_C8K1488.jpg

_C8K1492.jpg

_C8K1495.jpg

_C8K1496.jpg

_C8K1498.jpg

_C8K1505.jpg

_C8K1515.jpg

_C8K1576.jpg

_C8K1580.jpg

_C8K1553.jpg

D51ステーション道の駅あびらでのキハ183 214のレールオン作業はお昼までに無事完了した。
そしてもう1両陸送されたキハ183 220の方は午後から、道の駅から数キロ離れたところにある安平町鉄道資料館の方でレールオン作業が行われた。
キハ183 214を吊り上げたラフター2機が鉄道資料館の方へ移動して道の駅との掛け持ちの作業となった。
道の駅よりせせこましいところでの作業だったが、より近寄って写真が撮れたので迫力のある画が撮ることが出来たと思う。
はるばる北海道までやってきた甲斐があったってもんだ。

2019.6.16 キハ183 220 レールオン 安平鉄道資料館

キハ183 214 レールオン作業

_C8K1296.jpg

_C8K1372.jpg

_C8K1413.jpg

_C8K1418.jpg

_C8K1431.jpg

_C8K1448.jpg

_C8K1451.jpg

_C8K1472.jpg

D51ステーション道の駅あびらにJR苗穂工場より深夜時間帯に陸送されてきたキハ183 214は、日が昇った8時頃よりレールオンに向け作業が開始された。ラフターを2機使って相吊りでトレーラーよりキハ183本体が持ち上げられた。
我々同業者もさながら、たまたまこの道の駅に立ち寄った人達も一緒に固唾を飲みながら、その作業の一部始終を見守っていた。

2019.6.16 キハ183 214 レールオン D51ステーション道の駅あびら

ALFA-Xを見に

_C8K4793.jpg

ALFA-Xの出荷当日は午前中を中心に天気は良かったものの、季節外れの北風がビュービューと吹きすさむ極寒の中での艀作業となった。その様子を、ここを通りがかった近所の方々が寒さを堪えながらもお子さんと一緒に見て楽しんでらした。

2019.4.2 E956 ALFA-X④号車 艀 川崎重工兵庫工場
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
twitter @HarborLight1211

FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる