2016年5月14日 能勢電鉄撮影記

能勢電鉄1500系1551Fの優退ヘッドマーク付を撮りに行った時のこと始めて能勢電鉄に乗った。
撮影地に的を絞ったのが山下から先の妙見線。事前調べをした参考書を基に現地へと向かった。
妙見線の山下から先は単線となり勾配もキツくなり急カーブが連続する。
山下を出ると次の笹部を境に風景は山の中と一変する。
レールの軋む音と勾配それにトンネルに入り山岳路線に乗ってるかのような錯覚に堕ちる。
しかし光風台辺りは駅名の字のとおり新興住宅街で綺麗な住宅がズラリと建ち並ぶが木々の匂いや鳥の囀ずりが聞こえてきて長閑だった。
そして次のさつき台も名前のごとく同じで、さつき台を出ると次の妙見口までは里山の風景となった。
特にさつき台を出て直ぐの森林の中を潜り抜けて走る姿は京都の叡山電鉄の貴船口付近に似ていると思った。
20160514-_IGP1182.jpg
一見、山の中と思いきや撮ってる立ち位置は閑静な住宅街の道からである。

20160514-_IMG9764.jpg
優退のマークを付けた1551Fがレールの軋む音を鳴らしながら勾配をゆっくりと登ってきた。

20160514-_IMG9753.jpg
田んぼの水張りには少し早かった。ここの撮ってる立ち位置も閑静な住宅街である。

20160514-_IGP1192.jpg
森林を飛び出してくるかのよう。

20160514-_IGP1196.jpg
妙見口付近の田んぼは既に水はが張られていて初夏らしい太陽の光が照りつけている。

20160514-_IMG9813.jpg
遠足帰りの子供達と入線する1500系

20160514-_IGP1222.jpg
駅名が能勢電鉄ではなく『能勢電車』がこれまたいい。赤ポストも懐かしい...

妙見線の山下~さつき台は上手く自然と宅地が共存してるなぁと思った。
沿線の緑がとても綺麗で、訪れた時は惜しくも新緑の時期を逃したが秋の紅葉も悪くないなぁと思った。
里山を走る1500系はもう撮れないが新型車両5100系でもいいから、また撮りにきたいと思った。
2016.5.14 能勢電鉄妙見線1500系
スポンサーサイト

能勢電鉄1500系1551F勇退②

20160514-_IMG9791.jpg
『勇退』ヘッドマーク付1551Fを正面から順光で撮りたいと思い妙見口を出て直ぐのトンネル飛び出しを踏み切りから狙った。
カーブしながらトンネルを出てくるのだがカントが利いていて、とても格好良かった。
2016.5.14 能勢電1500系1551F ときわ台~妙見口

2016年5月14日 能勢電鉄1500系1551F勇退

20160514-_IMG9802.jpg
今月の28日で定期運用に終止符が打たれる能勢電最後の1500系1551Fとお別れをしに能勢電へ今週の日曜日行ってきた。
1500系は阪急2100系として1962年に登場し1983年には能勢電へ転属となり、それまでの320型や500型の置き換えとして冷房工事や行先表示幕の設置、インバーター化などを施されて1500系として同線で運行開始。
それ以来33年間同線で活躍をしてきた。阪急時代を含めば54年と最古の車両となる。
車両の老朽化の為6月からは5100系に置き換えられる。
14日まで『勇退』ヘッドマークを付けて運行されていたが15日からは『ありがとう』のヘッドマークに換えられて運行されてるようです。
定期運用を終える翌29日には特別イベント列車が運転される予定。
能勢電1500系1551F ときわ台~妙見口

プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる