FC2ブログ

金谷の町を見下ろす

_C8K4364.jpg

三島の遠征の帰りに休憩がてら牧之原公園に寄った。高台から金谷の町並みが見下ろせて大井川まで見える。空気が澄んでいたなら富士山まで見えるのだが、この日は生憎霞んでいて見えなかった。
その代わりに町並みを眺めていると新金谷の駅に留置されている旧客が見えた。
のんびりとしたこの町に住んでみたいなぁと、ほんの少し思った。

2020.3 静岡県島田市金谷富士見町 牧之原公園
スポンサーサイト



夜の帳が下りて

_R8A9447.jpg

夜の帳が下りて静まり返った闇夜に遥か遠くからカタコトカタコトと電車の音が聞こえてきた。暫くすると踏切が鳴り出し駅に電車が入線してきた。

2019.12.30 大井川鐵道 家山駅

懐かしの南海ゴハチに乗った

_R8A9464.jpg

南海ゴハチは正式名称ではないが、どことなくEF58型電気機関車に似ていたので仲間内で、そう呼んでいた。
高野線山岳区間への直通運転の対応として平坦区間から急峻な山岳区間までにおいて、広範囲に速度と牽引力を制御できる性能を備えた車両を、カメラレンズの広角側から望遠側へズームするズームレンズのような例えからズームカーと呼ばれ、21000系にいたっては、その流線型の姿から丸ズームと一親しまれた。

_R8A9455.jpg

_R8A9456.jpg

_R8A9460.jpg

転換クロスシートは、今では当たり前だが当時では画期的なことだったように思える。
お盆など高野山への繁忙期には臨時特急「こうや」にも充当されていた。

_R8A9462.jpg

_R8A9463.jpg

令和の時代になった今でも、南海時代のままの姿で大切に使用されていることに、大井川鐵道さんには頭が下がる思いだ。
先日、21000系に乗る機会があって、子供の頃を懐かしみながら家山から千頭までの短い時間を楽しんだ。

2019.12.30 大井川鐵道 南海21000系21001F



大井川第四橋梁

_C8K1949.jpg

大井川鐵道は大井川を跨ぐ4つの鉄橋を渡る。この4つ目の鉄橋を渡れば、終点千頭はもうすぐそこだ。

2019.12.31 EL急行「かわね路」1号 大井川鐵道

転車台

_C8K1880.jpg

新金谷駅隣接の車庫には転車台がある。
上り列車として新金谷駅に戻ってきたSLが、この転車台を使って下り方向に向きが変えられる。
かつて国鉄時代には日本中どこにでもあった転車台も、今や現役で稼働してるのは、こちらの大井川鐵道だけではないだろうか。
SLや旧型客車だけに目がいきそうだが、こう言った転車台そのものも、歴史的価値が非常に高いことは言うまでもないだろう。
転車台こそ写ってはないが、物珍しさに転車台の前に群がる観光客の家族たち...

2019.12.31 大井川鐵道 新金谷車庫
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
twitter @HarborLight1211

FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる