FC2ブログ

近畿地方梅雨明け

_IMG9409.jpg

今日近畿地方も梅雨明けが発表された。これから本格的な夏が始まる。よって猛暑日が見込まれることから水分をこまめに摂り熱中症には充分に気をつけなければならない。
一方先日の大雨で河川の氾濫で浸水した地域や土砂崩れなどで被災した人達ならびにお亡くなりになられた方にご冥福をお祈りすると共に1日でも早く復興をし元の生活に戻れるよう祈るばかりである。

日中の強い日差しで地表の湿った空気が暖められて上昇をし積乱雲が次々と発生をして持ちこたえられなくなった積乱雲から激しい雷雨がおきる。
雷雨は打ち水効果があって空気中の熱を地上へと落としてくれるので雨が上がったあとは涼しくなる。

この日の夕方も次第に空が暗くなりだし風が吹きだすと急激に強い音をたてて大粒の雨が降りだした。この時、運良く駅のホームに居たので濡れずに済み豪雨の中を走ってくる“ゆいレール”を撮ることが出来た。

2018.6.28 沖縄都市モノレール 1113F 市民病院前駅
スポンサーサイト



光る東シナ海

_IMG9417.jpg

東シナ海に沈もうとする夕日が海面を黄金色に光らせている。この光景を今でも忘れられない。
因みにこの日の那覇市内の日の入り時刻は19時26分で南の島に居ることの実感が沸く。

沖縄県自然保護課が、やんばるや西表島などの世界自然遺産登録の推進をPRする“ゆいレール”のラッピング車「世界自然遺産号」が夕日をめがけて那覇の街を駆け下りていった。

2018.6.28 沖縄都市モノレール 1113F 儀保駅

ゆいレール1115F debut

20171015-_IMG5677.jpg

7月初旬~中旬にかけて搬入された沖縄都市モノレール“ゆいレール”1000系の1115Fと1116Fが今月13日に無事にデビューをしたようで、その彼らの陸揚げと陸送を見てきたので感無量でいっぱいです。
とりあえず彼らの晴れ姿を見たく今月の15日深夜に彼らの後輩になる1117Fの陸送を撮ったあとお昼くらいにお気に入りの撮影地で待ちましたがこの日は1115Fのみ稼働していて残念ながら1116Fとは対面することは出来ませんでした。次回こちらに来る時は是非とも1116Fと対面出来ること願っております。

さて、このお気に入りの場所ですが古島駅を出たゆいレールは勾配を駆け上がって市民病院前に到着するところです。那覇の海が少し入り左側のビルの上のシーサーも入って沖縄らしい風景なのでとても好きなんです。

2017.10.15 ゆいレール1115F1215 市民病院前駅

20171015-_IMG5696.jpg

1115の方はと言うと那覇空港側に向いてるので海と絡めることが出来ませんので小禄駅付近の街中を行くところを撮りました。

2017.10.15 ゆいレール1115F1115 小禄駅

日本最南端の駅 ゆいレール「赤嶺駅」

20170709-_IMG0294.jpg

沖縄本土最南端の駅でもある沖縄都市モノレール通称ゆいレールの赤嶺駅。
駅前ロータリーにそれを記した碑がありました。
ここに降り立てば誰もが撮るであろうその碑とモノレールを重ねて記念に撮りました。周囲は団地などがある住宅街でした。
2017.7.9 沖縄都市モノレール 赤嶺駅

20170710-_IMG0440.jpg

赤嶺駅を出て那覇空港の間、最南端を走るゆいレール
2017.7.9 沖縄都市モノレール 赤嶺~那覇空港

ゆいレールPC軌道桁製作場


20170709-_IMG0283.jpg

前記事でも触れたが“ゆいレール”の現在の終点である首里駅から先てだこ浦西駅までの4.1キロ延伸工事の関係でモノレールの軌道でもあるPC軌道桁を製作している工場を覗いてきた。
同工場は浦添市の海に近い臨港道路に面してるところにあった。

20170711-_IMG0544.jpg
モールド台車にのったPC桁と桁を吊るための橋形クレーン

工場敷地内には縦列びに3つの建屋と完成をしたPC軌道桁を置ける仮置場があった。
野外には桁吊り用の大きな橋形クレーンがあり意外だったのは2本のレールが敷いてあって建屋の中から外に延びていた。
沖縄県内で2本のレールがあるのはここだけではないだろうか。パッと見た感じ標準軌のように見える。

20170709-_IMG0279.jpg
仮置き場の様子。完成をしたPC桁が大量に置かれていた。

これらをNPO法人が公開しているPC桁製作場設置工事の動画を見ると、支承・端型枠組立場→鉄筋・中子組立場→モールド場→養生場→一次緊張場→仮置き場の順番で構成されているようだ。

20170709-_IMG0280.jpg
切妻部分には桁の方向を示す文字

桁の製作はモールド台車の上で作業が行われていてその持ち場の作業が終われば次の作業場へとモールド台車ごと移動をしていくシステムのようだ。
完成をした桁は野外で橋形クレーンに吊られて移動して仮置き場に置かれている。
このあと検査が行われて合格をすれば夜間に特殊トレーラーで搬出され“ゆいレール”延伸の各工事の現場へと陸送しているようだ。

2017.7.9 PC軌道桁製作場 浦添市
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
twitter @HarborLight1211

FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる