キハ52 125

20180211-_IMG5817.jpg

キハ52を最後に撮ったのが確か15年くらい前で花輪線で撮ったのが最後だったような記憶がある。
なので久しぶりにキハ52を撮った。
あの時は盛岡色と国鉄のツートン色だったから今回は首都圏色という意味でもとても新鮮だった。
だから車両中心に構図をとってしまうのは無理ないだろう。

主役のキハ52のお面は瞑れてしまったが後部のキハ28がそれをフォローしてくれた。
実は雲が多かったもので晴れないだろうと構えてたのにキハ52が来る直前に晴れてしまったというオチで何時もとは逆のパターンで笑うしかなかった。

人からダメ出しくらいそうだが個人的にこれはこれでいいと思っている。

2018.2.11 いすみ鉄道 国吉~新田野
スポンサーサイト

広い空

20180211-_IMG5874.jpg

何時も撮っている電化区間ではこんなに青空を見上げて撮ったことがない。電線がうるさいからだ。
しかし非電化区間ならこのように大きく空を入れて気兼ねなく撮れるのが最大のメリット。
おまけに青空となれば尚更空を入れたくなる。
いすみ鉄道は実に開放的になれる場所だ。
小さな踏切を昭和の急行「そと房」が走り過ぎていった。

2018.2.11 いすみ鉄道

ドアステップ

20180211-_IMG5854.jpg  20180211-_IMG5855.jpg

田舎に行くと駅のホームはとにかく低い。そのため気動車や客車の出入口には必ずステップがあった。
当時の国鉄はホームをかさ上げする改修工事より新製する車両にステップを付けた方が安上がりという試算からホームのかさ上げはされずホームと列車の出入口にはこのように段差が生じていた。
パリアフリーと言われている現代では考えれないですな。
近年ではホームのかさ上げもされつつ新製される車両にもステップが無くなってきた。
このような光景も、いすみ鉄道ならでは昭和の懐かしい光景を目の当たりにした。

2018.2.12 いすみ鉄道 上総中野

昭和のボックス席

20180211-_IMG5830.jpg

今回いすみ鉄道弾丸ツアーでは撮る他に乗るもあったりとキハ28とキハ52に大喜多から上総中野までの往復乗った。先ずは往路の大喜多から上総中野までキハ28に乗り、復路の上総中野から大喜多までキハ52に乗った。

やはり懐かしさが込み上げてくるのはキハ28のボックス席だった。初めてこのボックス席に座ったのが幼少期に家族旅行で行った白浜の時で急行「きのくに」号だった。
次にキハ28使用の団体列車でお伊勢さんに行った小学校の修学旅行の時だった。
この頃はキハ28も一部の線区を除き優等列車が主流で使用されていたのでこのボックス席は子供の頃の私にとって特別なものだった。

後に国鉄が民営化になり全国で走っていた急行と付く優等列車も徐々に数を減らしていくと同時にキハ28もローカル運用へと転用されていき、学生の頃には旅先の各地でキハ28に乗る機会が増えた。その時はこのボックス席でこれから始まる旅にわくわくしたものだ。
20180211-_IMG5831.jpg

いすみ鉄道ではそんなキハ28が今尚現役で走っているのだから乗ってみて改めてその凄さを感じた。
それに嬉しかったのが座席が国鉄オリジナルの青いモケットで再現されていたことだ。
そして車内放送時のオリジナルのオルゴールもとても懐かしい。
あと窓際にあるテーブルの下に備え付けられているセンヌキが懐かしい。
今となっては見なくなった一品である。瓶に入ったジュース自体見なくなったが、いすみ鉄道では販売していてちゃんとテーブル下のセンヌキで瓶の蓋を開けれるシュチュエーションも用意されていた。1本100円と値段もリーズナブルだ。ここは迷わずして1本買ってテーブル下のセンヌキで栓を開けてみた。

20180211-_IMG5828.jpg

20180211-_IMG5838.jpg

そんなボックス席に座りジョイントをひとつひとつ踏むしめる音と軋むレールの音、そして車内に響く高らかなディーゼル音を聞きながら流れる車窓を眺めていると若かりし頃を思い出してはその頃にあった出来事など記憶が蘇えってくる。
ありふれた言葉の表現になってしまうが昭和の時代にタイムスリップしたかのような錯覚に陥った。

20180211-_IMG5832.jpg

今回は区間乗車だったが次回はいすみ鉄道全線走破したいと思っている。
キハ28のボックス席はまるで私にとって思い出招待席のようだった。

2018.2.11 キハ28 2346 急行1号 いすみ鉄道

20180128-_IMG5403.jpg

2018.1.28 620系D03 養老鉄道 大外羽~鳥江

20170607-_IMG8451.jpg

地方に行ったらよく目にするのがそこら辺至るところにある神社やお寺である。
その土地その土地を守っている神様や仏様を奉っているのだが、そんな神社やお寺と鉄道を絡めて撮りたくなる。養老鉄道はこじんまりとした神社が多かったが、いすみ鉄道には立派な門構えのお寺があったので迷わずして一本目のローカルはここで撮ることにした。

2018.2.11 キハ20 1303いすみ鉄道 城見ヶ丘~上総中川
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる