FC2ブログ

紀州鉄道キテツ603号のその後

2017年の11月に紀州鉄道のキテツ603号の静態保存を目的に移設されて、早2年と半年が過ぎた。

この移設にあたって、一般的なトレーラー輸送するのではなく、列車の運行が無い昼間の時間帯に、本線上でキテツ603号をクレーンで吊って、隣の敷地内へ移動させると言う単純かつ斬新なものだった。

その時の移設作業の詳しい様子はこちら

キテツ603号は保存を兼ねて集いの場所としての再利用するという目的があった。

先週の土曜日、久しぶりに和歌山へ行ったので、帰りに少し寄り道をして、その後どうなってるか視察しに行ってきた。

DSC_0112.jpg

場所は紀州鉄道の車庫がある紀伊御坊駅の北側の踏切に面してる場所で、そこに確かにあの日移設をしたキテツ603号が居る。

キテツ603号と言えば1975年(昭和50年)に大分交通耶馬溪線から紀州鉄道に604号と共に転籍してきた車両であることが広く知られている。それから同鉄道で長らく活躍をしてきたが、その後2012年(平成24年)に廃車になった。

DSC_0117.jpg

そして今回の静態保存に関与して「ほんまち広場603」として再出発をしたキテツ603号であるが、車内を活用して軽食屋とたこ焼き屋の二店舗が営業しているようだった。たこ焼き屋てのが意外だった。

ところがこの日は営業はしてない様子で、日曜日だけしか営業していないのか、それともコロナの一連で暫く休業なのか分からないが、物静かにキテツ603号が鎮座しているだけだった。

DSC_0120.jpg

DSC_0122.jpg

中を覗いて見ると、全体は見えなかったが厨房があったり、軽食スペースの片隅に漫画が置かれていたり様子が伺える。
営業していたら、車内に、いや店内に入れたのに残念だ。

営業している日を調べて、また改めて出直すしかなく、とりあえずキテツ603号の周りを一周して色んな角度から写真を撮ったり、眺めたりした。

DSC_0129.jpg

2015年10月に信楽高原鐵道からやってきたSKR301号と顔を並べる。

塗装も再塗装されて今は綺麗だが、気になるのは、屋根がなく野ざらしだけに雨風による腐食だ。

定期的にメンテナンスしていれば大丈夫だが、少しでも手をぬいて放置されると、ステンレス車体とは違って直ぐに腐食してしまうだろう。

そうならないことを切に願いながら、キテツ603号を後にした。

2020.7 紀州鉄道キテツ603号 「ほんまち広場603」


スポンサーサイト



電車に乗りたい!

_R8A4318.jpg

紀伊御坊駅で列車待ちをしていた親子が入線する気動車に乗って行かれましたが、このあと御坊で折り返してきた気動車から再びその親子が降りてこられました。

電車に乗りたい!と子供にせがまれたのか、御坊までプチ乗り鉄を楽しまれたようです。

世の中コロナとか暗いニュースが飛び交うなか、ほのぼのとする光景でした。

2020.7 紀州鉄道 紀伊御坊駅

備えあれば憂いなし

_C8K5906.jpg

いすみ鉄道は運転再開してますが、未だ千葉県内で電力が復帰してないところが一部あるようで1日も早い復帰を願うばかりです。
今回のことで台風への認知度が変わったのではないでしょうか。備えあれば憂いなしてことで台風への備えを日頃からしておこうと思います。

2019.9.7 キハ28 2346+キハ52 125 いすみ鉄道 国吉駅


最盛期を迎えたというのに

_C8K5870.jpg

刈り入れ前の稲が薙ぎ倒されてるんじゃないかとこちらの方も心配になる。

2019.9.7 キハ28 2346+キハ52 125 いすみ鉄道 総元ー西畑

千葉県内の停電

_C8K5927.jpg

台風15号の影響で千葉県内広範囲で停電していて、いすみ鉄道も、その影響で踏切などの信号設備が使えず運休している。運転再開のめどはたっていないということです。

先週末現地に居たが、まさかこんなことになるなんて予想もしてなかっただけに大変ショックだ。1日も早い電力の復旧と運転再開を願って止まない。

2019.9.7 キハ28 2346+キハ52 125 いすみ鉄道 国吉駅
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
twitter @HarborLight1211

FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる