初秋

20170827-_IMG2547.jpg

昨夜あたりから夜もぐっと涼しくなり寝苦しさも無くなった。日中も以前と比べてだいぶ過ごしやすくなってきた。それもその筈今日で8月も終わり。それに合わせるかのように秋の気配を感じるようになった。
この夏は例年以上に暑かった。そしてこの夏にあった内容も色濃く熱かった!過ぎ去ろうとしている夏の出来事に感謝をして今度は秋を楽しもうじゃないかとそう思っている。
次の企画の為に今はまた資金の貯蓄と体力の温存中である。
画像は8月最後の日曜日、吉野川で川遊びをする少年達と間もなく運行開始1周年を迎える青のシンフォニー。
少年達の心に良き夏の思い出になっただろうか?

20170827-_IMG2538.jpg

そして鉄橋の麓にはタカサゴユリが去りゆく夏の川面をじっと見つめていた。

2017.8.27 近鉄吉野線 大和上市~吉野神宮
スポンサーサイト

1日の終わり

20170827-_IMG2606.jpg

夏期限定の場所で天候は勿論のこと陽の傾き具合と1708列車にY07編成が入ってくれたことで、狙いがひとつになり数年越しの夢がやっと叶いました。撮った時は思わずおっしゃぁぁ~!とガッツポーズでした。お陰様で感無量でこの日1日を終えることが出来ました。
たまにはこんな記事あってもいいよねw

2017.8.27 16000系Y07編成 近鉄吉野線 越部~六田

吉野杉

20170815-_IMG2242.jpg

20170815-_IMG2255.jpg

今年のお盆休みも伊賀の里より帰省された白影さんと1日近鉄吉野線ぶらり撮影にご一緒させて頂いた。
その節はどうもありがとうございました(^^)
何時も帰省された時に撮影しに行くのが近鉄吉野線で普段大阪線の撮影を主体にしている白影さんにとって吉野線は目新しいところだらけのようだ。

そんな何気に撮りに行ってる吉野線だが歴史を遡ると、元々は木材を輸送する目的で建設をした吉野軽便鉄道で国鉄吉野口駅(現JR吉野口)から吉野駅(現六田駅)までの3駅11.6kmの路線が1912年(大正元年)に開業をしている。
開業して1年後の1913年に吉野鉄道となり1928年(昭和3年)には桜で有名な吉野山の麓、現在の吉野駅までの4.4kmが延伸されている。同時に旧・吉野駅は六田駅と改称されている。

前述で木材輸送する目的にとあるが、その木材こそが国産材のブランドの吉野杉である。
奈良県は川上村、東吉野村、黒滝村が産地とされ日本三大美林とも言われてる。
そんな吉野杉を造作伐し「吉野材ブランド」として全国に出荷されている。
吉野神宮駅の周辺には吉野杉の造作伐工場が沢山あるのが見られるが六田駅を発車した列車は吉野川を横目に見て伊勢街道をオーバークロスする辺りにある吉野杉の造作伐工場が吉野軽便鉄道の終着駅だった名残にも思える。そんな旧吉野駅の跡が今でも残っている。

2017.8.15 (上)16000系Y07 (下)16000系Y08 近鉄吉野線 六田~大和上市

梅雨明け発表

20170716-_IMG0666.jpg

気象庁は7月19日(水)、関東甲信、東海、近畿、中国地方が「梅雨明けしたとみられる」と発表した。
最近の梅雨明けの発表は、みられると言った曖昧な言い方だ。
各地とも平年より2日早い梅雨明けだそうだ。

この先は太平洋高気圧に覆われ、晴れる日が多くなるが、その分気温が高くなり暑くなるので熱中症には充分に気をつけたいところだ。

2017.7.16 16000系Y08+51 近鉄吉野線

早春賦

2月もいよいよ下旬に入ろうとしている。
そして今日は近畿地方にも春一番が吹いたようだ。
先週は大雪に大寒波だったが今週の日曜日は澄みきった青空が日中にわたって続き小春日和のような陽気だった。
久しぶりに朝から夕方まで雲ひとつない快晴に恵まれた。

20170219-_IMG0871.jpg

20170219-_IMG0881.jpg

20170219-_IMG0911.jpg

日中は過ごしやすい気温で少し動くと汗ばむくらいだったが青空を眺めながらマッタリと1日撮影をすることが出来た。

梅の花もあちらこちらで見頃を迎えていて白い梅の花と青空のコントラストがとても綺麗だった。

2017.2.19 近鉄吉野線
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる