2016年2月7日 伊勢志摩サミットまで…

伊勢志摩サミットまで、あと100日と先日マスコミから報道発表があった。
メイン会場となる賢島に臨時の派出所ができたり伊勢市の伊勢神宮外宮と内宮を結ぶ御幸道路沿いに建つ石灯籠418基のうち、安全性が懸念される32基を撤去されるなどサミットまでの準備が急ピッチで進められている。
その背景にサミットで訪れる各国の要人らが通行する可能性があるほか、サミット効果で観光客が増加傾向にあることを踏まえ、石灯籠倒壊の危険を回避すべく撤去するに至ったとのこと。
JR東海のキハ48系は伊勢志摩サミットを待たずして参宮線から姿を消してしまう。
20160207-_IMG8893.jpg

20160207-_IMG8926.jpg
二見浦シーサイド駅の美しい海岸線を行くキハ48系も思いでの彼方へと消え去ろうとしている。
参宮線 池の浦シーサイド駅 
スポンサーサイト

2016年2月7日 五十鈴川を渡るキハ48形

一昨日の夜JR東日本のキハ40系3両がミャンマーへ譲渡の為に陸送された。
この陸送を撮りに行きたかったのだが週末とあって色々忙しく行けなかったのでこの日は別件であった陸送をキハ40系に見立てて追っかけていた(苦笑)
その記事はまた後日にアップするとしてキハ40系(キハ48形)と言えば直近では参宮線の池の浦~鳥羽間を俯瞰する伊勢志摩スカイラインから撮ったが、この時に朝熊山頂の展望台から鳥羽折り返しの伊勢市行き928Cの国鉄色風塗装のキハ48形を撮った後直ぐに展望台内にある北向きに展望が広がる場所へと三脚を担いで移動をした。
ここからは伊勢平野と蛇行する五十鈴川が伊勢湾に注ぐ河口までが180度見渡せる。さっき撮った展望台からたった1分の移動だ。
キハ48形は松下、二見浦と止まるので時間的に余裕で間に合う筈。
しかしスケールが大きい為、画角の切り取り方を失敗をするとただの風景写真になってしまうので頭を悩まさせられる。
あれこれ悩んでやっと画角が決まりカメラをセットし終わったら時間が迫っていた。
これだけ鉄橋との距離があるのでよく目を凝らして見てなければ鉄橋を渡るキハ48形を完璧に見落としてしまう。
そして鉄橋の上に先ほどの展望台で撮ったキハ48形が現れた。
辛うじて国鉄色風塗装のヨンマルてことが分かって頂けるかと思う。
20160207-_IMG8883.jpg
伊勢平野と伊勢湾に注ぐ五十鈴川を渡るキハ48形国鉄色風塗装。
参宮線 五十鈴ヶ丘~二見浦 

2016年2月7日 朝熊山展望台からキハ48を撮る

先ほど撮った国鉄色風塗装のキハ48形の鳥羽駅折り返しを撮るべく伊勢志摩スカイラインの鳥羽側の展望台から少し伊勢側にある朝熊山展望台へと移動をする。
およそ10分程山を登ったところが朝熊山の頂上で展望台がある。
先ほどの展望台とは違って大型バスや車が数十台置けて売店やトイレの設備もあり立派な展望台が設けられている。足湯なんかもあったりする。
キハ48形は鳥羽駅で18分の折り返しなので展望台に着いてから撮影準備等諸々とアングル調整をし終わった頃に国鉄色風塗装のキハ48形が帰って来た。
20160207-_IMG8855.jpg
こちらのアングルは先ほどのアングルに比べてサイド寄りなので側面がよく分かることから、ある程度画角をワイドで撮っても国鉄色風塗装てことが分かる。
全体的に景色を多く取り入れて撮りたいところだがそこはぐっと我慢をして島々が少し入るくらいの望遠気味で狙ってみた。
最初に撮った場所のアングルとこちらのアングルを見比べてみると、こちらのアングルの方が個人的には好みだということを気づかされる程景色が素晴らしかった。
ただ景色は凄く良かったのだが…如何せん山の頂上だったことから特にこの日に限ってか恐ろしく風がキツく寒風が吹き荒れる中での撮影となりました。
参宮線 池の浦シーサイド~鳥羽 

2016年2月7日 伊勢志摩スカイラインから見るキハ48系

この日は弱いながらも冬型の気圧配置と天気予報で報じられたので伊勢地方は晴れて空気のぬけがいいだろうと予測をし来月のダイヤ改正でJR東海管内から完全消滅をしてしまうキハ48系を撮りに伊勢地方へと車を走らせた。
最初に撮る場所に選んだのが大海原の中を一本のレールが通りまるで海の上を行くキハ48系をスーパー俯瞰が出来るという伊勢志摩スカイラインの途中にある展望台へと向かった。
この場所は青春18きっぷをPRするJRグループのポスターで有名になった場所だ。
キハ48系にはJRになってからのJR東海塗装と国鉄色風塗装と呼ばれる気動車の標準色にあたる赤とクリーム色のツートーンがある。
国鉄色風と呼ばれるのは元々国鉄時代にはキハ40系列にはこんな塗装はなくJRになってから国鉄色を懐かしみ気動車の標準色であるこの色に塗り変えられた為だ。
それが良いにしろ悪いにしろJR東海塗装よりは当然こちらの国鉄色風塗装を狙いたい訳で現在キハ48系が6編成あるうちの1編成が国鉄色風塗装なのでこれらが鳥羽まで入るかどうかは6分の1の確率で運次第なのだ。
この日の鳥羽まで入るキハ48系は国鉄色風塗装だと予測をし1,000円お布施をして現地に着くと展望台には20人くらいのマニアの人がスタンバってたのでこれは間違いないと確信をしたところ、やって来たのが国鉄色風塗装のキハ48系だったのでビンゴだった。
20160207-_IMG8836.jpg
遠くは対岸の愛知県まで綺麗に見えてたので画面全体に入れたかったが列車がマメ粒になるのでそこは我慢をして思いきってズームアップ。それでも小さな島々を少しだけでも入れたかったので何とかこれくらいのズーミングで妥協した。
これでも列車自体マメ粒になってしまったが何とか国鉄風塗装のキハ48形だと分かるかなとは思っている。
満潮には至らなかったが空気のぬけは最高に良かったので二重マルでした。

参宮線 池の浦シーサイド~鳥羽 

プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる