名阪国道Ωカーブ

20170425-_IMG5231.jpg

針インターを出てさらなる西へ走ると福住インターがあり、この先天理東インターまで急な下り坂と急カーブが連続する。その形状からΩカーブと呼ばれてる。
大和高原に位置するこの区間は最大勾配6%、曲線半径150~300メートルのカーブが続く。

上りは普通車でもアクセルを踏み込まないと速度が直ぐにダウンしてしまうし登坂車線をハザードを点滅させて今にも止まりそうな速度で駆け上がっているトレーラーなども見る。

逆に下りはブレーキを踏まないと速度がぐんぐんと上がって直ぐに60キロを越えてしまい急カーブが連続するので危険だ。
この道を走り慣れていれば、この区間の形状は把握出来ていて慌てることがないが初めて通るとその形状に驚き焦ってしまうだろう。

20170425-_IMG2555.jpg

Ωカーブをスライダーのように滑り下りていくトラックたちのなかに四日市あすなろう鉄道の263号車の陸送部隊の姿があった。

2017.4.25 四日市あすなろう鉄道 263号車陸送
 

スポンサーサイト

名阪国道 針インター

前記事の名阪国道の加太越えを越えて西へひた走ること亀山インターから56.6km名阪国道の頂点とも言える針インターがある。
標高510mで名阪国道随一の高さであり平地との気温差は5℃以上はある。冬場は平地で雪が降ってなくても針インター付近になると雨が雪となり積雪や凍結も多い。
インターの出口に面して道の駅針テラスやトラックステーションがあり多くの車やトラック、トレーラー等が休息をとっている。

20170417-_IMG4639.jpg

愛知県あま市を出発したD51 827の陸送舞台も1日目はここ針のトラックステーションで休憩をとっていた。
翌日の深夜に再び和歌山を目指して春の嵐となる突風と大雨のなか出発をしていったのだった。

2017.4.18 D51 827号機陸送 名阪針インター

加太越えにD51が再び

鈴鹿山脈南嶺南に位置する加太越えは関西本線の加太~柘植間の下り線に対して25パミール (25/1000) と急勾配が続く山間の険しい区間として全国でも有名。
そして駅間が最も長い同区間では単線であるゆえに途中で列車の行き違いが出来るように当時は中在家信号所と呼ばれる行き違いが出来る設備があり勾配の途中にあることからスイッチバック方式が用いられていた。

現在は軽快な気動車が淡々と同峠を越えていき行き違いこそ無くなったが当時は補機を従えた蒸気機関車が牽く貨物列車がスイッチバックに一旦入って列車の行き違いと暫しの休息後、再び峠を上ってったものだ。それらの設備も2006年3月に廃止となってしまった。現在も跡地は色濃く残っている。

20170417-_IMG4539.jpg

この同区間を再び蒸気機関車が走ることはもうないが先日、愛知県あま市の個人宅から同所有だったD51 827号機がアチハ株式会社に譲渡され和歌山県の有田川町鉄道交流館へ陸送された時、線路に平行する名阪国道の加太越えをトレーラーにのせられたD51 827号機が越えた。
陸送とはいえこの地にD51が姿を見せたのは四十年ぶりくらいにはなるか?
D51 827号機をのせたトレーラーは加太トンネルに入る直前の急勾配をエキゾーストノートも高らかに響かせ駆け上っていった。

2017.4.17 D51 827号機陸送 加太トンネル上

新緑の二上山

20170423-_IMG5124.jpg

平地では桜も散り新芽が出て山々では山桜と瑞々しい新緑に覆われてきました。
今が一番綺麗な季節かもしれません。
まだ朝晩は冷え込みますが日中は気温も上がり汗ばむ陽気で言うてるうちに初夏ですな…

2017.4.13 16000系Y08-51 近鉄南大阪線 二上神社口~当麻寺

0kmポスト

養老鉄道大垣駅の2番線の線路脇に大きな0kmポストがしっかりとあった。
ここから養老線の桑名方面、揖斐線の揖斐方面へ線路がはじまる。
20170409-_IMG3756.jpg

こういうのを見るとこれからの旅の始まりを感じてワクワクする。
0kmポストを前に丁度、揖斐行きの606Fラビットカーが発車待ちをしていた。

2017.4.9 養老鉄道600形609F 大垣駅
プロフィール

カモノハシ@C編成

Author:カモノハシ@C編成
FC2ブログへようこそ!
気ままに不定期に更新中です(^_^;)

ただ今の時刻
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
乗り換え案内(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる